こちらはネットプライスのオフィスがある東京都・御殿山。ここで私達が日々どんなことをしているのか、素顔もマル秘ネタも、包み隠さずお伝えしちゃいます!
4月に入り、新卒の社員さんがやってきました。遠くから見てもわかる緊張感とフレッシュなオーラがまぶしいです。今、彼らは研修中なので会う機会はほとんどないのですが、それぞれユニークな経歴を持っているらしく、一緒に仕事するのが楽しみ!さてさて、どこの部署に配属されるのかなあ。
カレーはこうでなくちゃ。
ドロ〜っとしてる
ドロ〜っとしてない
そこは気にしない


便利そうだけど、使いこなせないし、田舎なので電波が入りづらいとぼやいている先輩がいましたまた電車の中で液晶が割れたのを使っている方もいたな・・・本当は買おうか迷ってやめました/りんりん

電波が入りづらい、掴みやすいかはスマホでもフツーのケイタイでも、機種によりますヨ。あと保護ケース+各携帯キャリアの保険必須なのは確かですが、大画面、タッチの使いやすさ、インターネットの体感速度がUPするだけでも価値はあるかも。ドコモだと中のカード挿しかえで、フツーのケータイと併用できますし思ったより使い勝手良さそうです〜。(おたけ)

一年前、彼と仲良くiPhoneデビュー→打ち合わせナシ(笑)彼は有料だろうが英語だろうがお構いなしに面白そうなアプリをどんどんDL。姫ちゃんは無料アプリOnly(しかも日本語のアプリがメイン)2人ともTwitterもFacebookもやりませんがiPhone使い切ってるカンジ。でも、あくまでもプライベート専用機(爆)次はdocomoをBlackBerryにする予定です→2人で悩めば怖くない。あまりにも楽しそうに見えるのか、私の周りは圧倒的にスマホデビュー→iPhone4デビューが多いです。姫ちゃんの姪っ子もiPhone4になりました。オススメは二個持ちですけどね(笑)彼はやっとiPhoneカスタマイズに満足したらしく→飽きたとも言う(爆)音楽DLに燃えてるみたい…元々、面白そうなモノに飛びつくB型。iPod nanoもiPadも持って、自宅PCもAppleにしそうな勢い。イイと思います→基本、放置プレイですから。/姫

おお、スマートフォンライフを謳歌してますね!自分も去年の夏にiPhoneデビューしました。まだまだ使い切れていない気がするけど、いろんなアプリをインストールしたり、メールも以前のケータイより速く打てるようになりました。何も知らずに勢いでスマートフォンにしちゃったけど、こっちにして良かったなあ。もう前のケータイには戻れないですよ…。Appleの製品って、使いやすいしおもしろくて、格好いいんですよね。その分、お値段も高いけれど…。自分もパソコンをMacにしたいなーと思っております。(マツ)
昔から携帯電話に無頓着な私は、たぶん買いませーん。調べものをするのに便利だよ〜と言われるけれど、分からないことは家に帰ってから調べればいいし、どうしても今!って時は、スマホを持っている人に調べてもらえばいいじゃないですか。おいしいお店も、思い出せないあの歌も。それに、きれいな風景はカメラ越しではなく自分の目に焼き付けたいし、飲み会の席ではアプリで遊ばずにおしゃべりを楽しみたい。スマートになりきれない自分に酔っているうちは、いらなかなーって思っています。(よしこ)

おいしいキャラ
新しいクラスや職場でも、すぐ周りと馴染める人っていますよね。妙にモテたり、愛されたり、そんな人気者になれるポイントはきっとココだ!というポイントを教えてください。なんであの人がチヤホヤされるの!?なんて納得できない体験談、人と仲良くなれる方法なども待ってます。

タイトル: 作者:
働きマン(2004年〜) 安野モヨコ

主人公は28歳・独身・元巨乳。

週刊誌編集部の編集者・松方弘子。主軸は主人公である彼女だけど、1編1編のストーリーは周囲の人を中心に進んでいく。「仕事よりプライベート」という無気力な後輩、「仕事より愛」という色っぽい先輩、「女の武器を最大限に」という気の合わない同僚、「人の仕事に手は出さない」という生き方上手な上司…そして3ヶ月以上も夜の営みがない彼氏。

私よしこがこのマンガを初めて読んだのは、就職活動を終えたころ、大学4年生の春。“バリバリ働くキャリアウーマン”とか、“おいしいお酒も恋も知っている大人の女”とか、そういう理想像にペタペタと色を付けていた23歳のときでした。だから、なんだか楽しそうに仕事をしていたり、むかついたら飲みに行ったり…そんなドラマで見る光景しか目に入らなかったんですよ。

でも、最近読み返してビックリ。ライターの自分と編集者である松方弘子が重なったんですもん。つまずいた問題・起こられた原因・ひきつけられた言葉が似ているんです。学生のよしこにはひっかかりもしなかった“痛い”部分をじわじわと感じちゃう。同じマンガでも、状況によって心にヒットするポイントって違うんだなー。コレを機に、押入れの奥にしまった昔のマンガや本も、ときどき引っ張り出してきて読み返えそうっと。(よしこ)





こんにちは広野です。目黒川の桜はいまが盛り。ぼんぼりを灯してない以外は自粛していないので、お店も人出もたくさんでにぎやかですよ!ではおたよりです。
この間、ジェットコースターに乗った夢を見た ローラーコースターでなく一回転するほうの・・・なんでだろう??ジェットコースターはめったに乗らないのに・・・ 苦手なんだけどな・・・不思議??/りんりん
自分もジェットコースターはダメです。テレビで芸人が乗って「うわあー」とかやってるのを見てるだけでビビります。なのに、たまーに夢で見ることがあるんですよね。おそらく、ダメ派の人は必ず見る夢だと思います…。(マツ)
日本中がなんだか自粛ムードになってる今、ACのCMに文句なんか言うより、もっと出来る事があるだろう!募金や物資の支援は当たり前だけど、それをした上で私は、いつかやろうと思ってた台所の床の張り替えを3連休に決行。おかげで連休明けは全身筋肉痛に。。それといつか買おうと思ってたモノもポポポポンと買う!家族や友達と外食にも行く!気がつけば懐がものすごく寂しいけど、大丈夫、ガンガン働けばいいさ。それが多分今の私に出来る事。/ちびび
そう。おそらくどんなに神妙に自粛に倣ってみても、被災地の方々の悲しみに真に寄り添うことはできない。彼らの悲しみと、乗り越えなければいけない日常は上っ面の自粛なんかじゃ想像できないほど大きい。ならばいっそ、私たちは何かを生み出す方向へと歩こう。まだまだ立ち上がるのには難しい被災地の人にかわって、お金を落とし(東北の物産やお酒なんかに落とすとなおいいね!)、お金を稼ぎ、日本をがんがん回していこう。頑張るのは被災地の人じゃない。私たちだ。楽しい仲間でポポポポーンといこう!(広野)

春が本格的にやってきましたね。東北の天気もはやくポカポカ陽気になることを、切に祈ります。4月が始まったみなさんはどんな毎日を過ごしてますか?来週もいろいろ、教えてくださいなー!




皆さん、お久しぶりです!日曜日に、背中の真ん中まであった髪をばっさり10cmほど切り、肩よりちょい上の長めボブにリニューアルしたあんじです。

春らしくスッキリ、大好きなモードな雰囲気になりましたし、何より気分が明るくなっていい感じです。ウキウキするというか、前向きになるというか。あと洋服選びとかメイクとか、ファッション面でも楽しい…切って良かった!

思い切って何かを変える、何かを捨てるって勇気がいりますが、その後のココロの変化ってすごいです。何かイイコトが起きないかなぁ、運気UPしないかなぁ♪そして髪が短くなった分、私は意図せずも節水&節電(ドライヤーを使う時間がかなり減りました)に協力しております!(あんじ)


ライターのつぶやきを読んで、思ったことや感じたことがあれば“みんなのおたより”にある【おたよりはコチラ】まで。各ライターへのお便りもお気軽に送ってくださいね!

 
広野ゆうな
毎度おなじみ、ことばと絵の書き散らし人。惑いつづける不惑のライター。いぬくま他、「広野ゆうなのフーテンひぐらし」とツイッターもよろしく。
よしこ
毎日「歌って踊って酔っ払う」気狂いライター。好きなものは音楽・靴・ビール。酒は飲むが食べ物の好き嫌いが激しく、味覚はかなりお子さまである。
あんじ
最近はひと駅分を自転車通勤、週末もサイクリングにハマり中!頑張って、長谷川潤ちゃんみたいな下半身になるぞー!
マツ
なぜかこうさてんで占い師デビューを果たした28歳♂。いつか副業になったらいいなと思っているお調子者。男のメルマガ『俺MAGA』にも出演中。
おたけ
スパークするサッカー馬鹿。アラフォーながらネットプライス入社6年目のフレッシュマン(自称)。100円ライターからの脱却を目指し、モノ書きとして日々奮闘中。


ネットプライス スタッフブログ
ネットプライスの以下のメンバーがただいまブログ中。ごくごくプライベートな内容ですのでご了承くださいませ♪お暇な方はのぞきにきてね。コメントなども残してくれるとうれしいです。 今後、他のバイヤーなども登場の予定です♪クリックしてね
☆広野ゆうな
「広野ゆうなのフーテンひぐらし」
☆ネットプライスグループ
シアン社長・しのぶ
「シノビット・ジョーンズの日記」
☆つくる部
「お客様とネットプライスの商品開発日記」
☆たからばこ
「コチラたからばこ編集部」
☆ネットプライスグループ
SALスタッフ
「セカイモン海外トレンド情報ブログ」
☆ハラダ
「MONOKOTO」